節税

ここ最近、私が思っていることを暴露します。

 

「アフィリエイトで稼いだ金額のうち

いくらかは税金で持っていかれちゃうけど、

アフィリエイトでもタックスヘイブンは

可能なんじゃないか?」

 

という疑問です。

 

今回は、アフィリエイトでタックスヘイブンが

可能かどうか検証してみました。

 

クリアしなければならない4つの基準

タックスヘイブンを実現させるためには

クリアしなければならない4つの基準があります。

  • 実体基準
  • 管理支配基準
  • 事業基準
  • 非関連者基準または所在地国基準

 

個人的な意見・見解

 

ここで問題になってくる点があります。

それは、

【振込先の銀行口座が日本の口座である】

ことです。

 

海外の口座に報酬を振り込んでくれるASPは

殆どないので、個人的には普通にやろうとしても

無理なのではないかと考えています。

 

ではちょっと工夫してみることにします。

 

まず個人でアフィリエイトをやっている方は

法人化します。

 

報酬の振り込みやその他入金額などの管理のみ

の会社を日本で設立し、実質アフィリエイト事業を

行っているということにする会社を

タックスヘイブンの国(ドバイなど)に作ります。

 

そして、日本の会社からアフィリエイトの業務運営

を業務委託する形にしてしまえばいいのではないか

という作戦です。

 

日本の会社は報酬を管理するだけの業務なので

売り上げをほとんど0に近くしても

構わないでしょうから、日本では最低の法人税

7万円のみの支払いとなります。

売上の95%以上をタックスヘイブン法人に

送金してしまえばいいような気がしないでもないです。

 

天才軍師の超名案にも見えますが、実際は

どうなのでしょうか?

 

これははっきり言って、

専門家に聞いた方が良いと思います。

私は専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、

おそらく単純に日本とタックスヘイブンに2つ会社を

作り送金する方法では指摘されると思います。

 

ですがこれを応用して条件が揃えば可能であり、

それを行っている企業も沢山あるのでは

ないかと考えています。

 

私にはどう応用するのかも分かりませんので

専門家に聞いてみてください。

※相談は無料です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓